1. 自由度の高いIT系ベンチャーで働く

自由度の高いIT系ベンチャーで働く

『IT系ベンチャー』

2000年のネットバブル以降、エンジニア出身の起業家が増えています。
いわゆるIT系ベンチャーと呼ばれる形ですね。誰しもが一度は聞いたことがあると思います。
このIT系ですが、やはりエンジニアやプログラマーと聞くと男性の仕事というイメージも強いせいか非常に女性エンジニア不足の傾向にあります。
男女比で表すと9:1か8:2くらいの割合で男性の多い職業になります。
エンジニアなんて男性しかいないし女性の働くメリットなんてないんじゃない? いいえ、そんな事はありません!
IT業界って実は女性にとってメリットが多くて自由度が高い職場だったりするんです。

メリット1.育児休暇や産休を取得しやすい
育休産休は女性にとってとても気になる部分だと思います。
IT業界は外注で抜けた穴を埋めやすいため他の業界よりも育休産休はとりやすい傾向にあるようです。
もちろん育休産休からの復帰も容易だといえるでしょう。

メリット2.肉体労働をしなくて良い
当然のことながらエンジニアになると営業で歩き回ることもなく、空調のきいた部屋でPCに向かって作業をすることになります。

メリット3.アプローチを受けやすい
女性が少ない業界なので引く手あまた・・・ということですね。

とはいえエンジニアってなんだか難しい事を要求されそうで・・・なんて不安もありますよね。
そこでエンジニア向けのオススメの資格を紹介しておこうと思います。 初心者ならまずはこれだと言われる資格試験が「基本情報技術者試験」になります。
まずはこの資格をとってみてはどうしょうか。
女性の転職と聞いてあまりピンと来ないIT業界、この機会に考えてみてはどうでしょうか?